当サイトは大家自らが運営しています


100円ショップ大手のダイソーの紹介


100円ショップ、みなさんは利用・活用されていますか?私は、
何か必要なときは、まず100円ショップに行って、求めている
物があるかを確認します。

昔の100円ショップと言えば、安かろう悪かろうでしたが、今
では驚くほど品質も上がり、普通の雑貨屋さんなら5倍、10倍
するものが、たったの100円+消費税5円で買うことができま
す。

千葉市中央区にも2,3店舗のダイソーがあるようで、私は、都
町の銚子信用金庫の隣にあるダイソーさんを利用しています。先
日も、クリスマスの飾りをたくさん買い込んでしまいました(笑)

ダイソーさんの歴史を簡単にご説明します。

「大きく創る」
ザ・ダイソー」の店舗名で皆さんにはお馴染かと思いますが、
会社の正式名は「株式会社 大創産業」といいます。少し固い名
前ですがこの名前の由来は30年程前にさかのぼります。

昭和52年頃、まだまだ規模の小さな会社でした。均一で販売す
る商売(スーパーの店頭や公民館などで販売していた)も当時は
今のように大きな商売ではなく、まだまだ小規模での事業にすぎ
ませんでした。

しかし、会社設立の際に「会社の規模はまだまだ小さいけど、名
前だけは大きな物にしよう」という事で「大きく創る=大創」と
社長の矢野が考え命名しました。単純のように見えますが当時は
そのように会社名をつけました。その後、お客様に馴染んで頂け
るように店舗の名前をカタカナでダイソーとし、「ザ・ダイソー
の方が有名になってしまいましたが、社名は当時のまま残してい
ます。

「移動販売」
昔は全て、移動販売を行なっていました。今でも時々ある「スー
パーの店頭」などで、短期間行なっているお店からのスタートで
す。その後、あるスーパーさんからの強い要望があり、現在の様
な店舗を出店した所、大変好評でした。それから徐々に固定店舗
に変わっていきました。


店舗名称:千葉都町店
店舗面積:225坪
店舗所在:千葉市中央区都町三丁目15番4号
営業時間:10:00~21:00


千葉市中央区の賃貸専門サイト「素敵なアパート」トップに戻る

 

「千葉市中央区都町の特徴」の関連記事

 

100円ショップ大手のダイソーの紹介のトップへ戻る