当サイトは大家自らが運営しています


延命寺の紹介


千葉市中央区都町の史跡として、延命寺さんを
紹介します。延命寺さんには、算額(さんがく)が
あり、この算額は、千葉市に残存しているたった1
枚のものです。

現在は小さな寺ですが、江戸時代~明治時代は、
算額を見ながら子供達が勉強する志があふれる
場所だったようです。

そして、この地は「算額」の大切さを知っている人
が住む土地だったようです。
〒260-0001 千葉県千葉市中央区都町1042

真言宗豊山派に属しているが、開山は、鎌倉時代
には存在していたことが判っているまでで、詳細は
不明です。

1887年に矢作小学校を併合して、辺田小学校とし
て延命寺に小学校が開校した。明治の終わりに、
小学校は辺田向台に移転され、都村小学校(現
葉市立都小学校
)として開校したそうです。

算額とは?
数学(和算)の研究や勉強の祈願のために、神社仏
閣に奉納した絵馬のことをいうようで、数学書ばかり
でなく、算額に書かれ問答でも勉強ができたので、
17世紀後半には、算額に書かれた問題を集めて数
学書にするものも現れたとのことです。


千葉市中央区の賃貸専門サイト「素敵なアパート」トップに戻る

 

「千葉市中央区近隣の史跡名所」の関連記事

 

延命寺の紹介のトップへ戻る