当サイトは大家自らが運営しています


千葉駅東口出発の九十九里鉄道バス


九十九里鉄道は、千葉県東金市・九十九里町・八街市・大網
白里町を中心に、一般路線バス15系統、九十九里町・東金市
を経由しJR千葉駅迄の急行バス2系統、東金市(西が丘団地)
からJR千葉駅迄の急行バス1系統、その他、企画旅行(赤トン
ボツアー)の手配、各種旅行に関する業務などを行っています。

九十九里鉄道(くじゅうくりてつどう)は、千葉県東金市を拠点と
するバス事業者で、1926年(大正15年)から1961年(昭和36年
)までの間、千葉県東金市の東金駅から千葉県山武郡九十九
里町の上総片貝駅(現バス路線:片貝線附近)まで8.6kmを鉄
道で結んでいました。

江戸後期から九十九里は、鰯漁として名を知られていましたが、
その一方、風光明美な場所としても有名でした。明治から大正
にかけは、この東金-片貝間を乗合馬車が運行されていて、所
要時間1時間10分、運賃は30銭でした。

その後、乗合自動車が運行され始めたが、大正10年頃になる
と鉄道敷設の機運が高まりまた。その原因の一つとして、明治
から大正にかけての全国的に広がった鉄道建設ブームがあり、
1925年(大正14年)12月に軽便鉄道として免許申請を行いまし
た。

1923年(大正12年)12月21日、資本金25万円で設立した九十
九里軌道株式会社は、3年後の1926年11月25日に営業を開
始しました。途中、堀上、家徳、西の3駅があり、昭和3年(1928
年)5月に荒生駅を設置。

昭和6年(1931年)、適用法規が軌道法から地元鉄道法に変更
されたことから九十九里鉄道と社名を変更しました。さらに昭和
14年(1939年)11月には学校前仮駅を設置しました。

昭和10年には、19往復の列車が運行されていました。太平洋
戦争中に強制的に行われたバス路線統合により、京成電鉄の
傍系となりましたが、天然ガス利用等により、辛うじて気動車
運行を維持していましたが、戦後直後にはガソリン不足等や買
い出し客の殺到で、短期間SL運転を行ったこともありました。

1948年(昭和23年)12月に鉄道と平行する東金ー片貝線の道
路に、路線バスを運行さし、それに合わせて、九十九里鉄道
も観光部を発足させ、10台の観光バスを導入してバス部門の
充実を始めました。

急速に整備されていく道路と、停留所も多く、スピードの早いバ
スとの競合は難しく、1961年(昭和36年)2月28日に鉄道から
バスに転換をすることになりました。

当時の鉄道路線距離(営業キロ):東金~上総片貝間 8.6km
 駅数:7駅(起終点駅含む)
 複線区間:なし(全線単線)
 電化区間:なし(全線非電化)

千葉駅東口4番:特急片貝経由本須賀行き
千葉駅東口18番:高速片貝行き、東金レイクサイドヒル行き

千葉市中央区の賃貸専門サイト「素敵なアパート」トップに戻る

 

「千葉駅東口発着のバス」の関連記事

 

千葉駅東口出発の九十九里鉄道バスのトップへ戻る