当サイトは大家自らが運営しています


伊達直人現象in千葉県


毎日新聞 2011年2月5日 地方版

千葉市での伊達直人現象を紹介しましたが、いろいろ
調べると、県内でもさまざまな施設に寄付が行われたよ
うですね。

再度、繰り返しますが、何もしないより、パフォーマンスだ
としても、寄付などをした方がいいと思います。

よく神社仏閣で灯篭やのぼり旗等で、お布施をしている人の
名前が書いてあることがありますよね。あれを自分が寄付し
ています!って言うのははしたないみたいな風潮があります。

でも、自分が寄付しました!って胸を張ってもいいんじゃな
いでしょうか?目立ちたくないっていうのも一つのやり方で
すが、他からの尊敬を受けたい理由で目立ってもいいでしょ
う。

TV見てビール飲んで文句を言っている暇があるのなら、そ
の時間コンビニでバイトして稼いで、その一部を寄付する方
がよっぽどステキな行いだとは思いませんか。


寄贈:「伊達直人」が現金10万円 血液センター船橋出張
所に /千葉

漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗る男性
が、船橋市の県赤十字血液センター船橋出張所に現金10万
円を贈った。「伊達直人運動を一時的なものに終わらせず、
できれば定期的に続けたい」という手紙も置いていったとい
う。

日本赤十字社県支部によると、1月25日に50代とみられ
る男性が訪れ、現金と手紙、タイガーマスクを描いた絵はが
きを職員に渡した。手紙には「がんや白血病に苦しんでいる
人たちへのお見舞いに使ってください」と書かれていた。日
赤は成田赤十字病院の小児病棟に入院中の子どもたちのため
に楽器や遊具を整える方針という。

一方、船橋市内の児童ホーム14カ所には、宇宙をテーマに
した大型の絵が届いた。市によると、4日までにホームの玄
関先などに置かれ、「『子供達に宇宙の夢を』との思いの貧
乏画家です」などとメッセージが添えられていた。縦約80
センチ、横110センチで、いずれも違う絵だった。
【味澤由妃、橋本利昭】


千葉市中央区の賃貸専門サイト「素敵なアパート」トップに戻る

 

「千葉市の時事ネタ」の関連記事

 

伊達直人現象in千葉県のトップへ戻る