当サイトは大家自らが運営しています


千葉市の住宅地


千葉市にはいくつかの住宅地が存在します。今日は、そんな
住宅地の中でも、特徴があるものをご紹介したいと思います。

1つ目は、あすみが丘ニュータウン

千葉市緑区に位置するニュータウンで、千葉県最大の都市公園で
ある千葉市昭和の森公園に隣接しており、東京通勤圏の住宅街と
しては屈指の良環境を誇っています。

プレステージ、ワンハンドレッドヒルズなど最低販売価格が5億円
以上となる高級住宅も販売され、現在では街全体として千葉県随
一の高級住宅街を形成しています。

特にワンハンドレッドヒルズは、敷地面積数百坪、販売価格15億円
の超高級住宅街で話題を呼び、ビバリーヒルズをもじって「千葉リ
ーヒルズ」などと呼ばれることもあります。

その他、一戸あたりの敷地面積は50から100坪程度で道路も広く、
歩行者専用道路や公園も随所にあり、高級感溢れる良好な環境の住
宅地となっています。


2つ目は、海浜ニュータウン

千葉市北部の東京湾岸に、埋め立てによって造成されたニュータウ
ンであり、全域が同市美浜区に属しています。事業主体は千葉県、
千葉市、UR、千葉県住宅供給公社などで事業が開始されました。

海浜ニュータウンは、稲毛、検見川、幕張の3地区より構成されて
いて、住宅地域とし、高洲、高浜、真砂、磯辺、幕張西、打瀬(う
たせ)という町があります。


3つ目は、千葉寺青葉の森の街

千葉駅から南東約2kmの京成電鉄千原線千葉寺駅北側に位置し、
土地区画整理事業により、地区東側に隣接する県立青葉の森公園の
緑と文化の優れた環境と調和した、計画的な都市基盤施設の整備が
行われています。

このため、地区の優れた立地環境にふさわしい駅前利便施設、沿道
利便施設及びこれらを取り巻く住宅を誘導して、良好な市街地環境
を形成・保全することを目的として造成されました。

東京都心から東南約40km、豊かな自然に囲まれ、四季を通して緑
と自然にふれあえる街で、隣接する県立青葉の森公園(53.7ha)
と一体的に整備され、豊かな緑と文化が調和した、安全で快適な街
として成熟しています。

また、地区内を東西に走る大網街道沿いには商業施設が数多く立地
し、活気がみなぎっています。
 
さて、今日は、ちょっと特徴的な住宅地・ニュータウンをご紹介し
てきましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん、ここに紹介していない住宅の方が多くって、土地区画整
理事業が終了したニュータウンとしては、千葉県最大の面積を誇る
「おゆみ野」なども人気があります。

千葉市に住もうと思っているならば、そんな住宅地巡りで、千葉の
人の生活スタイルを一度眺めてみるのもよいかもしれませんね。


千葉市中央区の賃貸専門サイト「素敵なアパート」トップに戻る

 

「千葉市中央区の暮らし」の関連記事

 

千葉市の住宅地のトップへ戻る