当サイトは大家自らが運営しています


千葉大学の概要


千葉大学は,昭和24年5月31日に、当時千葉県内にあった
千葉医科大学、同大学附属医学専門部及び薬学専門部、
千葉師範学校、千葉青年師範学校、東京工業専門学校、
千葉農業専門学校の各旧制国立諸学校を合体させて、新
制の国立総合大学として発足しました。

さらに、平成16年4月1日付けで国立大学法人千葉大学が
設立され,千葉大学は同法人により運営されることになり
ました。

新制国立大学として発足した当初の千葉大学は、5学部(
学芸学部、医学部、薬学部、工芸学部、園芸学部)と1研
究所(腐敗研究所)及び附属図書館からなっていましたが、
昭和30年4月には大学院が設置され、その後も何度かの
学部・研究科等の拡充改組を重ねて、現在は、文学部、
教育学部、法経学部、理学部、医学部、薬学部、看護学
部、工学部、園芸学部の9学部、附属図書館、医学部附
属病院
、各センター等及び大学院に置かれる教育学研究
科、理学研究科、看護学研究科、工学研究科、園芸学研
究科、人文社会科学研究科、融合科学研究科、医学研究
院、薬学研究院、医学薬学府、専門法務研究科により構
成されています。

なお、平成8年度に連合大学院として設置された東京学芸
大学大学院連合学校教育学研究科に、東京学芸大学
玉大学
横浜国立大学とともに参画しています。

また、教育学部に附属して幼稚園、小学校、中学校、特別
支援学校が置かれています。

現在、国立大学法人千葉大学の職員総数は2,733名、ま
た千葉大学の学部学生の入学定員は2,300名、学部学生
の収容定員は9,810名です。

なお、大学院研究科入学定員は、博士課程272名、修士
課程926名、専門職学位課程50名で収容定員は2,965名
であり、総合大学としての規模、内容とも国立大学の上位
にあります。

国立大学法人千葉大学のキャンパスは、西千葉、亥鼻及
び松戸・柏の葉の3地区に分かれており、西千葉地区はJ
R総武線西千葉駅前に位置する千葉市稲毛区弥生町の
39万㎡に及ぶメインキャンパスであり、ここに大部分の学
部その他の施設が集中しています。
西千葉 263-8522千葉市稲毛区弥生町1-33

亥鼻地区は千葉市中央区亥鼻の台地に医学部、看護学
部及び医学部附属病院等が置かれています。
亥鼻 260-8670千葉市中央区亥鼻1-8-1

また、松戸・柏の葉地区は松戸市及び柏市にあり、園芸
学部及び環境健康フィールド科学センター等が置かれて
います。
松戸 271-8510松戸市松戸648
柏の葉 277-0882千葉県柏市柏の葉6-2-1

千葉市中央区の賃貸専門サイト「素敵なアパート」トップに戻る

 

「千葉市中央区の教育機関(学校、保育園等)」の関連記事

 

千葉大学の概要のトップへ戻る